spin-outdoor|関東アウトドア情報ならココ☆

関東全域のアウトドア情報を少しづつ掲載します。一年通してアクティビティを!

100回以上キャンプに行った僕が伝える初心者への教え【バンガロー編】

こんにちは!キャンプの守り神ことネモトです。今回はキャンプ初心者の方へ向けて便利なバンガローを利用したキャンプの楽しみ方をお伝えします!

 

 

キャンプの定義なんて無い!

皆さんは【キャンプ】と聞いて何を思い浮かべますか?大半の人はテントかキャンピングカーだと思います。でもそれってあくまでもイメージで、テントやキャンピングカーが無くてもキャンプは可能なのです!そもそもテントって大きいし、運搬には車が必須です。一人暮らしでその両方を所有するのって色々と難しいですよね。私は狭い部屋にテントを無理やり置いていますが(しかも2つ)、なんと言いいますかこう…

邪魔です。

そんな我々の味方こそ【バンガロー】なのでございます!

 

 

バンガローとは

木造の簡易的な小屋のことを指します。キッチンやお手洗いは無く、寝るだけ!って感じのシンプルな作りが多いです。窓は大体あります。大きなバンガローだと10名以上が泊まれるものもあり、中2階のような屋根裏ポイントがあって子供が喜びます。電源は場所によって様々ですが、僕が行ってきたバンガローは7:3で電源がありました。(予約時に確認をお勧めします)つまり、調理や食事等は共有スペースで行い、寝るためにバンガローを使うって感じです。

 

 

寝具等は借りられるので不要

バンガローには寝具がありません。が、管理棟で布団や毛布をレンタル出来るので心配ご無用。値段も1セット1,000円前後で揃えることが可能です。他にもレンタルや現地購入出来るものは沢山あります。今回は僕がよくお世話になる【みの石滝キャンプ場】を例にリストアップしてみました。

 

@薪:600円(10人1食分を調理するに必要な量)

@炭:1,200円(コンロ付き。火力の安定する炭で調理がおすすめ)

@鍋類:800円〜3,000円(大きさに応じて。1升5合800円〜3升3,000円

@鉄板:700円(5名〜8名分まで対応してます)

@寝具:(マットレス500円・毛布400円・シーツ200円)

@調理系:(包丁200円・まな板100円・やかん300円・ザル100円・ボール100円)

@その他:(ビール240円・飲料水130円・お菓子100円〜200円)

@コインシャワー:5分300円

 

どうでしょうか?レンタルでも全然安いですよね。

 

 

もはや手ぶらでいいのでは?

そのとおりです。手ぶらでも余裕です。私のお勧めするプランニングはこうです。

 

1、レンタカーを用意する

2、キャンプ場の近くで食料を買う(持込OKか確認必須。でもだいたいOK)

3、バンガローにチェックイン(ここで既にテンション上がります)

4、先に布団敷いちゃう

5、共有又は個別エリアで調理or食事

6、バンガローにただいま♪

7、お菓子食べたりお酒飲んだりしてそのまま寝落ち

8、朝シャワーを浴びる

9、さっぱりした朝ごはんを作る

10、掃除と片付けしてレンタカーへ

extra、帰りに温泉によって最高のコンディションで帰る

 

これです。キャンプ場は山に多く点在するので、帰りに温泉に浸かるプランが立てやすく、帰りに少し回り道すればエンジョイできます。チェックアウトして直帰するのはなんだか勿体無い気がする時は温泉ですよ(^ ^)このプランこそ初心者の皆さまへお伝えしたい黄金プランです。

記事を書いているだけでムズムズしてきました。テントやある程度のグッズを持っている私も、このお手軽プランキャンプは月1回くらい行きたくなります。だって楽なんですもの♪

 

 

いくらかかるのか計算してみた

前回、みの石滝キャンプ場にお邪魔した時の金額を全てメモしておきましたので、ご参考下さい。人数は男3人で行ってきました。個人的な費用以外全て記載します♪

 

@レンタカー:11,700円

@高速料金:往復4,000円

@バンガロー:9,000円(ロフト付き)

@調理器具系:4,500円(薪、炭、コンロ、鉄板、包丁、ザルなどなど)

@寝具:3,300円(1,100円×3人分)

@食料:9,000円

@飲料:4,000円

 

合計45,500円

一人当たり15,166円

*食料買いすぎで豚肉を持って帰ってきました。これはキャンプあるあるです。

 

車持ちが一人もいないため、カレコでレンタカーして行ってきました!カレコはガソリン代が無料なので僕のマストツールになっています。一人15,000円です。月一で行けちゃう金額ですよね(^ ^)

 

 

まとめ

今回はバンガロー編と題してお送り致しましたが、いかがだったでしょうか?凝った道具を揃えなくても全然行けちゃうバンガローキャンプ。割り勘すれば全然安いバンガローキャンプ。手ぶらで楽々バンガローキャンプ。何度もうるさいかもしれませんが、本当にオススメなので一度トライしてみて下さいね♫